がん治療も行う子供病院

PostHeaderIcon 胃がんの治療

6月 2nd, 2014Author: croplifelatinamerica.org

胃がん治療において最も効果があるのは、外科手術により転移や再発の恐れのある部分をまるごと切除してしまうことです。胃を切除する範囲は、癌のある部位と病気の両方から決定します。

早期胃癌の場合、内視鏡での切除も可能です。近年では、開腹を行わずに小さい孔を数箇所開けて行う腹腔鏡手術も増加しています。

ほかにも、手術で切除できない進行したがんなどに放射線を当ててがん細胞を縮小・破壊する放射線療法や、ほかの臓器に転移している場合や手術後の補助に使われる抗癌剤治療があります。

がん治療を行う病院の薬

PostHeaderIcon 主要五大がんの一角を占める胃がん

6月 2nd, 2014Author: croplifelatinamerica.org

胃がんは我が国をはじめとするアジア地域や南アメリカに多くみられるがんであり、肺がん、乳がん、大腸がん、子宮がんとともに主要五大がんの一つとして位置づけられています。

食生活や食習慣と発症との間に密接な関係があるとされているほか、胃粘膜へのピロリ菌の感染が重要なファクターとなっているとされています。

検診は胃部のエックス線検査や内視鏡検査などによって行われ、罹患が疑われる場合には内視鏡を用いた組織採取による生検が行われます。

がん治療を行う病院の医療機器

PostHeaderIcon 胃がんの概要

6月 2nd, 2014Author: croplifelatinamerica.org

胃に発生するがんの総称ですが、主に胃の粘膜内の細胞に発生するがんのことを指します。

症状は、早期の段階では自覚症状が少なく、症状が進行すると胃痛・胸焼け・吐き気・食欲不振などが起こりますが、胃炎や胃潰瘍の症状と似ているので、検査を受けなければ胃がんの確定はできません。

リスク要因としては、喫煙や塩分の多い食生活、そしてヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが挙げられます。

また胃がんは、男性の肺がん、女性の乳がんとならんで、多く見られるがんの一つとして知られています。

がん治療を行う病院の点滴

PostHeaderIcon 肺がんは検診での早期発見が大切

6月 2nd, 2014Author: croplifelatinamerica.org

がんの早期発見が重要とされ、医学の発展により今では治癒することも難しくなくなりました。様々ながんの検診が推奨される中、自分だけは大丈夫だと過信し、なかなか検査を受けない方もいるようです。

肺がんのように初期段階では他の病気と区別をつけるような特徴的な症状がないがんもあります。このような場合は検診を受けて早期発見をすることが何より大切です。肺がんの原因とされている喫煙をやめるとともに、定期的な健診でがんを予防しましょう。

がん治療を行う病院の医療メーター

PostHeaderIcon 肺がんの対策

6月 2nd, 2014Author: croplifelatinamerica.org

肺がんは、男性の死亡率一位のがんとされていますが、これは煙草を吸うことでより発症率が高まるというデータが出ています。そのため、禁煙を心がけることが第一の対策となります。

同様に乳がんや胃がんも大変発症率が高いものですが、これらは明確な発症理由がありません。そのため、肺がんも含め、こうしたがんの予防は定期的に健康診断を受け、特にがんの項目に関してはしっかり診断を仰いでおくことが何より重要とされています。

サイト内検索
オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930